読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんだい、しけた面してんねえ。

君はどうしたいの。すでに君は孤独だよ。

 

孤独が嫌いか?違う。

答えを追求しようという、無謀で傲慢な試みを理解されたい。

結局、辿りつけないところにそれはある。知っている。

同じように無謀をして、苦痛していった先人たちに習いたいのだ。

反発して、否定したいのだ。阿呆共の、狂人の群に加わりたいのだ。

愉快だろう。

 

苦しみを糧にしてその扉をこじ開ける

事がわたしには、できた。

そこから先は、おぼつかない不案内で

置き去りにしてきた過去を拭えないでいる

 

容れられないもの抱えて、分かち合えない価値は

 

きさんらが嫌いだ、みとうない。

 

なぜか、いつもかなしい。

わたしはわたしのみちをひとりであるいてゆくほか、ないらしい。

 

曇天の下、荒野は私の歩みを何一つ遮ること無く延々と続ていた