はい。私であります。
そう言って、私を呼んだ眼前の男が、手元にあるファイルと私の顔、制服、階級章を
遠慮もなく観察し見比べているのを黙って眺めていた。